2022.12.02

デリケートゾーンの臭いの原因を知って適切なケアを

デリケートゾーンの臭いが気になるという方は多いものの、デリケートゾーンのケアを行っている方はあまり多くありません。デリケートゾーンの臭いを防ぐには、適したケアが必要です。専用のソープや保湿剤、女性バランスを整えるアイテムなどを活用して、気になる臭いを軽減しましょう。

 

デリケートゾーンの臭い

デリケートゾーンの臭いに悩んでいる方は、少なくありません。体調やデリケートゾーンの状態によっても臭いは変化するため、常にではないけれど、たまに臭いが気になるという方も多いでしょう。
トイレや入浴時に下着をおろすと臭う、下着を鼻に近づけると臭う、下着を洗濯しても臭いが取れないなど、臭いの程度はさまざまです。
すっぱい臭い、尿や汗などのツンとした臭い、わきがのような独特な臭い、魚が腐ったような生臭い臭いなどいろいろな臭いがあり、臭いの種類は原因によって異なります。

デリケートゾーンの臭いの原因

原因よって、デリケートゾーンの臭いは異なります。何が原因となって、どんな臭いが発生するのかを見ていきましょう。

デリケートゾーンからの分泌物

デリケートゾーンにはアポクリン汗腺という汗腺があり、そこから分泌される汗が雑菌に分解されることで、ワキガのような独特な臭いが発生します。
アポクリン汗腺はデリケートゾーン以外にも、脇、乳輪、へそ周囲などにあり、数は個人によって異なります。アポクリン汗腺が多い人はアポクリン汗腺からの分泌物が増えるため、その分臭いが強くなります。
アポクリン汗腺の数は生まれたときから決まっており、自然になくなることはないため、アポクリン汗腺をなくすには医療機関での治療が必要です。セルフケアで臭いを軽減するには、雑菌が繁殖しないように清潔を保ち、臭いが発生しにくい綿の下着を着用するのが効果的です。

デリケートゾーンに潜む菌

個人差がありますが、デリケートゾーンには多少の臭いがあるものです。正常なおりものにも、少しすっぱい臭いがあります。膣内にはデーデルライン桿菌という乳酸菌が存在し、膣内環境を健康に保つ働きをしています。このデーデルライン桿菌が臭いを発生させるため、正常なおりものでも少しすっぱい臭いがします。また、臭いの程度は生理周期によっても変化するといわれています。
おりものから生臭い臭いがする場合には、なんらかの病気にかかっているおそれがあるため、医療機関を受診することをおすすめします。
排泄したばかりの正常な尿にはあまり臭いがありませんが、デリケートゾーンに残った尿が雑菌に分解されると臭いが強くなります。経血にも臭いはありませんが、雑菌に分解されることで臭いが強くなるため、生理ナプキンをこまめに交換するなどして雑菌の繁殖を防ぐことが大切です。

デリケートゾーンの臭いケア

デリケートゾーンの臭いを防ぐには、専用のソープや保湿剤を使ったケアがおすすめです。しっかりとケアをして、気になる臭いを軽減しましょう。

ウォッシュ

デリケートゾーンの臭いを軽減するには、洗浄して清潔に保ち、雑菌の繁殖を防ぐことが大切です。けれど、洗いすぎると肌に必要な常在菌やうるおいまで洗い流してしまうため、洗浄力の適したデリケートゾーン専用のソープを使用しましょう。
清潔な手指にソープを取ってしっかりと泡立てたら、大陰唇、小陰唇、尿道口の外側、膣口の外側、肛門の順番に洗っていきます。指でごしごしとこするのではなく、泡でなでるようにして洗うのがポイントです。大陰唇と小陰唇のひだは、指の腹で優しくつまむようにして洗いましょう。ひだの裏側や溝の部分、肛門のシワは汚れが残りやすいので、洗い残しのないよう丁寧に洗ってください。汚れがしっかりと落ちたら、熱いお湯ではなくぬるま湯で洗い流しましょう。膣内にお湯が入ると膣内環境を乱す原因となってしまうため、膣内にお湯が入らないように注意してください。

保湿

デリケートゾーンは、専用の保湿剤で保湿しましょう。適した保湿剤で保湿することで、乾燥や肌のバリア機能の低下を防ぎ、デリケートゾーンの健康を守ることができます。
デリケートゾーンを洗った後に、付いている水滴を軽く指で払ってから保湿剤を塗ります。タオルで水滴を拭き取る必要はありません。保湿剤は、大陰唇と小陰唇、尿道口の外側と膣口の外側の順番に塗りましょう。保湿剤を塗るときには指の腹を使い、爪を立てたり、強くこすったりしないようにしてください。優しく丁寧に塗ることが大切です。

デリケートゾーン以外にもケアを

女性が生き生きと過ごすには、デリケートゾーン以外のケアも大切です。今注目されているフェムケアと、効果的なセルフケアについてご紹介します。

フェムケアとは

「女性の(Feminine)」と「ケア(Care)」を合わせた言葉であるフェムケアは、女性の健康を守るための商品やサービスを表します。テクノロジーを使ったケアが「フェムテック」と呼ばれるのに対し、テクノロジー以外のケアは「フェムケア」と呼ばれます。
女性には生理、妊娠、出産、更年期など女性特有の健康課題があり、それを解決するにはフェムケアが欠かせません。

女性に必要なセルフケア

毎日を健康で快適に過ごすには、心と体のバランスを整えることが大切です。女性ホルモンは心と体の影響を受けやすいため、心と体のバランスが崩れると、ホルモンバランスが乱れやすくなってしまいます。ホルモンバランスの乱れは、デリケートゾーンの臭いにも悪影響を与えるため注意しましょう。
自分の心が喜ぶ時間や穏やかになる時間をつくって、ストレスをためないようにする。食生活を整えて、体に必要な栄養素をしっかりととる。規則正しい生活をして、疲労をためないようにする。適度な運動をして体を鍛えるなど、生活習慣や食生活を整えて、心と体の健康を保ちましょう。

注目されている女性バランスケア商品

女性が健康を保つには、女性バランスケアが欠かせません。女性バランスを整えるアイテムを活用して、効率的にサポートしましょう。
RED FROGSの女性バランスケア商品には、3つのタイプがあります。

3つのタイプで多角的にアプローチすることで、効率よく女性バランスの働きをサポートすることができます。植物のパワーを味方にして、フェムケアに役立てましょう。

まとめ

 
デリケートゾーンの臭いを防ぐには、デリケートゾーンを清潔に保ち、雑菌の繁殖を防ぐことが有効です。専用のソープや保湿剤を使用して、臭いの軽減に役立てましょう。

デリケートゾーンの臭いは女性ホルモンの影響も受けるため、女性バランスを整えることも大切です。女性バランスケア商品を上手に活用して、女性バランスを整えるサポートをしましょう。

この記事の執筆者:インコさん

これまで正看護師として外科外来、小児科病棟、美容皮膚科(脱毛)、健康診断などの仕事に従事。以後、ライターとして医療、美容関連のライティングを中心に活動。